料理人について

京都の割烹料理店で7年、静岡の料理店で3年働いた後
お弁当とお惣菜の販売店「京菜や」を2000年にオープンしました。

和食が得意分野ではありますが、10年以上も家庭的なお惣菜を作り続ける内に和洋中なんでも一通り作れるようになりました!
でもやっぱり基本は和食。優しい味付けを心がけています。

割烹料理店での経験は仕出弁当の中にも活かされています。
お値段に応じて特別な場面(来賓・建前など)での懐石風な仕出弁当にも対応しています。

お店について

2000年に夫婦で始めました。お弁当とお惣菜の調理、販売を行っております。
お店で販売しているのは家庭的なお料理ですが、仕出し弁当では割烹経験を活かした、ちょっと手の込んだお料理も季節の美味しい食材で調理しています。
京菜やで作るお惣菜・お弁当は手作りです。一品一品大事に作っています。
個人店だからこそできる温かさ、柔軟な対応を心がけて参ります。


国産米100% 冷めても美味しいご飯

当店のご飯は、開業当初からずっとお世話になっているお米屋さんが、その時期に美味しい国産米を調合してくれています。
お弁当は調理してから、お客様が召し上がるまで時間がかかるものです。 「冷めてもおいしいご飯」作りに努めています。
嬉しいことに、当店のお弁当を召し上がったお客様から「ご飯が美味しい」とのお声をかけていただいております

新鮮なキャノーラ油で揚げています。

胃にもたれない揚げ物を調理するために、まず衣付けは厚すぎないこと。
そして油は新鮮なキャノーラ油を使用しています。
油切れが良く、サクッと美味しい揚げ物ができます。